ブログ

2021-06-14 09:00:00
TSUKUMAって何(what)?【前編】成長する会社は仲間への〇〇がある

いつもご覧いただき誠にありがとうございます。

先日、株式会社トイズクリエイトと業務提携契約を締結し、

ワンストップ業務委託サービス「TSUKUMA」を開始することになりました。

 

今回は、TSUKUMAって、

何(what)?みたいなことを

前編・後編に分けてお話します。

 

前編は、私たちTSUKUMAの

経歴やバックボーンについてお話しします。

 

10数年前、TSUKUMAのマーケティング担当とクリエイティブ担当は

株式会社ゆこゆこという会社で一緒の部署にいました。

 

※ちなみに、当時のゆこゆこは

リクルートグループ(100%関連会社)だったので、

オフィスも東京駅にあるリクルート本社の33階にありました。

(今はリクルートグループから独立しています)

 

ゆこゆこをご存知ない方のために、

簡単にご紹介します。

 

・50〜70代のご夫婦をターゲット

・温泉旅館やリゾートホテルの情報をネットや情報誌で発信

・情報誌はDMとして、100万以上の世帯に年6回お届け

・お客様から自社コールセンターやネットなどで予約を受け付け

・旅館やホテルから手数料をいただく旅行代理店のようなビジネスモデル

 

このゆこゆこという会社で

私たちはMP部という部署にいました。

そのMP部(メディアプロデュース部の略)では、

情報誌やネットの新規会員獲得、リピート促進などを目的として、

以下のようなことを主に担当していました。

 

・メディアやネットを活用した新規会員獲得

・アンケートやグルインなどのカスタマー調査

・データ分析

・ABテストなどのクリエイティブ分析

・LTV施策など各FSとPDCAサイクル

・営業と連携した戦略設計と実行(リボン図)

・コールセンターと連携した運営の最適化

・予算計画の提案と実行、管理

など

 

ここでは、

マーケティングとそれを具体化するクリエイティブは

同じ部署でした。

 

なので、

自然とクリエイティブ担当はデータの話をしたり

マーケティング担当はABテストの話をしたりもしました。

 

また、

営業部は、旅館やホテルの情報を企画や収集して

ネットや情報誌に掲載するので、日々MP部とやりとりがありました。

掲載する旅館ホテルは3000施設以上あったので、

MP部と営業部とのやりとりは膨大な量でした。

 

さらに、

コールセンターは、お客様からお電話に対応し、

ご意見などを収集しています。

お電話は毎日数千件あり多い日は1万件を超えることもありました。

その情報やデータを元に、

MP部では施策や製作をおこなっていました。

 

それぞれが、

各部門のプロフェッショナルであると同時に

一緒に働く仲間への「気づき」が多くありました。

 

このような組織での取り組みによって、

コンセンサス(一致した想いや考え)が強固になり、

とても濃密な仕事を実行することができていました。

その結果、業績も数年で飛躍的に伸びていきました。

 

そして、多くの学びがありました。

 

・新しいことへ挑戦するマインドと始め方

・PDCAなどによる業務改善

・仕組みづくりなどの効率化

・社内コンセンサスなどによる部署連携シナジー

など

 

これが私たちTSUKUMAの原体験です。

 

その後、私たちは別々に独立して創業し、現在それぞれ、

マーケティング会社と、クリエイティブ製作会社を経営しています。

 

旅行業界はもちろん、IT、システム、通販、冠婚葬祭など

色々なクライアント企業様から業務を委託していただきました。

大変ありがたく思います。

そこでも多くの経験と学びがありましたし、今もあります。

 

ただ、創業以後、気になることもありました。

そんな中、コロナ禍になりました。

 

(後編につづく)